2017年05月03日

写真から3DCG【天使の置物??編】1−3

次に テクスチャー(色)を生成します。
こちらも自動処理です。

sc_04.jpg

羽部分が完全に破けてしまっていることが確認できます。
土台にも余計な部分が残っています。

ここまでの作業が第一段階といった感じです。
これからは、別3DCGソフトでの作業となります。





posted by CGWorks at 06:35| Comment(0) | 日記

写真から3DCG【天使の置物??編】1−2

写真から3DCG解析したものは「無数の点で構築されます」
これは「点群データ」とも呼べれており、
3Dスキャナー等でスキャンしたデータと同じ扱いです。

いままで「3Dスキャナー」でやっていたものを
「写真から」といった流れになったということになります。
ここで解析された「点群データ」は外部出力できますので
他ソフトで読み込み、作業を進めることが可能です。

次の作業は「点群データを3Dメッシュに変換させます」

sc_03.jpg

「天使の羽」部分は破けてしまっています。
破けなどの補修作業は必須となってきます。

posted by CGWorks at 06:25| Comment(0) | 日記

写真から3DCG【天使の置物??編】1−1

1回目のお題は「天使の置物??」
??と付けたのは、実際にカメラで撮影したものではなく、
他からお借りしたものです。

 
今回の検証で知りたかったことは「どのぐらいの写真枚数が必要か?」です。
いろいろと試してみた結果、20〜30枚ぐらいあれば再現可能。
30枚超で精度の高いものが再現可能でした。

 
ワークフローは
 @写真をソフトウェアに取り込んで自動処理させます。
 A3D形状化とテクスチャーの出力。
 B他のソフトに取り込んでの補修作業とペイント
  (ここがメインとなる作業でしょうか)
 C3Dデータの再構築(リトポロジー)とUVマップの作成。
 D3Dペイントソフトによる焼付け(ベイキング)とペイント作業。
 E各データの出力(エクスポート)
 F3DCGソフトに読み込み(インポート)してからレンダリング作業。

といった感じです。
まずは@の作業から進めていきます。

撮影カメラは「Canon PowerShot G10」です。
使用枚数(方向)は33枚(方向)です。
全て認識されました(画像)

 
写真から3DCG解析

写真はマスク処理(周辺の要らない部分を消す)可能です。
(今回はザックリと処理させました)
ですが、ゴミ(天使の頭の周辺)が出てきてしまいます。
これは、ソフト内で削除していきます。





posted by CGWorks at 05:39| Comment(0) | 日記