2017年05月03日

写真から3DCG【天使の置物??編】1−6

次は UVマップの作成 です。
この作業も必須となります。

3DCGモデルは、テクスチャーと呼ばれる画像を貼り付けることにより
色味などを表現させます。

画像は2Dですので、それを3次元情報として認識させます。
それがUVマップと呼ばれるものです。

sc_13.jpg

画像の右側です。
簡単にいうと「展開図」です(「アジの開き」とも呼ばれています)
今回はザックリとやっています。
本来は展開の継ぎ目(シーム)位置なども考慮して展開していきます。





posted by CGWorks at 07:04| Comment(0) | 日記

写真から3DCG【天使の置物??編】1−5

3Dデータのリトポロジー作業です。
リトポロジーとは「再構築」という意味です。
3DCGをやる上での必須作業であります。

3Dデータは「ポリゴン」と呼ばれる「四角形」で構成されています。
これの並び(流れ)を整える作業です。

写真から3DCG化されたデータは、非常にデータ量が大きいので
それを簡素化(軽いデータにする)することも兼ねています。

sc_14.jpg

リトポロジーしたデータが画像の右側です。
薄っすらと線が浮かびあがっているのが、ポリゴン(四角形)ラインです。

「天使の羽」の部分が若干カクカクしておりますが、
これはポリゴン数を調整することにより解消されます。
今回はゲーム用データとしても扱いたい為に、
出来るだけ最小限ポリゴン数に抑えています。


posted by CGWorks at 06:55| Comment(0) | 日記

写真から3DCG【天使の置物??編】1−4

出力した3Dデータを別3DCGソフトに読み込みます。
破れてしまった「天使の羽」や「土台」部分を補修していきます。

sc_07.jpg


ザックリとですが、補修完了です。

sc_08.jpg

次は「リトポロジー作業」です。



posted by CGWorks at 06:44| Comment(0) | 日記