2017年05月03日

写真から3DCG【ペガサスの置物 編】2−3

3D化したデータを別ソフト(ZBrush)に読み込みます。
普段はZBrush、3D-Coat、SubstancePainter2を使用しています。

データ補修、簡素化、リトポロジー、UVマップ作成を経て出来上がったものが

sc_2-3.jpg

これ↑です。
細部の作りこみは抑え目です。
もう少しゴツゴツさせても良かったです。
その後、ペイントしたものが

sc_2-4.jpg

sc_2-5.jpg

これ↑です。

posted by CGWorks at 10:28| Comment(0) | 日記

写真から3DCG【ペガサスの置物 編】2−2

撮影した写真35枚を読み込んで解析します。
今回は全部で認識されました。
やはり、撮影枚数が多いと、認識される率が高くなるような気がします。

sc_2-1.jpg

今回は写真をマスク処理(背景を消す)させたので、
ゴミも殆どないです。


そして、メッシュとテクスチャーの生成です。
sc_2-2.jpg

かなりの精度だと思います。



posted by CGWorks at 10:15| Comment(0) | 日記

写真から3DCG【ペガサスの置物 編】2−1

今回のお題 【ペガサスの置物】です。
30年以上も前、テレビを購入したときに貰った品です。

sc_2-7.jpg

これ↑です。
意外にも難易度高かったです。
同色なので認識させるまでに四苦八苦でした。

撮影のコツは、ちょっと暗めの場所で照明を付け、
オートモード(ポートレートモード)でストロボ撮影しました。
自身の影を落とすことにより、色調に違いを出しました。
影は後で画像修正します(消します)

以前に同色系は難しい・・と書きましたが、マーカーを有効に使えば
案外イケるかもしれません。

撮影枚数は接近したものも含めて35枚です。





posted by CGWorks at 10:09| Comment(0) | 日記