2017年05月03日

写真から3DCG【応用編】

3D化させたデータを閲覧する方法です。
折角、3D化させたのだから、リアルタイムにいろんな角度から見てみたいものです。

様々な手法がありますが、一番簡単なものは「3DPDF」です。
PDF形式はビジネス文書としても一般的に使われています。
その3D版です。
閲覧は簡単です。そのまま普通にReaderで開くだけです。

sc_1-15.jpg

実際に開いた画像がこちら↑
マウスドラッグで回転し、中ホイールでズーム、Alt+で移動です。
データサイズは700kbで軽量化されています。


posted by CGWorks at 10:50| Comment(0) | 日記

写真から3DCG【ペガサスの置物 編】2−4

最終型(フィニッシュデータ)がこちら↓

sc_2-6.jpg

実物写真との比較になります。
所要時間は1日ちょっとぐらいになります。

目視(写真を見ながら制作)でやるのと、どちらは良いか??
完成精度のことを考えると、こちらが上かもしれません。
目視制作でのスキルは上がってきませんが・・・

尚、ゲームデータにも対応させています(低ポリゴン仕様)
凹凸はノーマルマップを使用させています。
3Dプリンターの出力には、ポリゴン数を上げたものを使用させます。

次回、色のある物を予定しています。
今後の予定として、ドローンで撮影した画像や
グーグルマップで取り込んだものにも挑戦していきます。


posted by CGWorks at 10:34| Comment(0) | 日記

写真から3DCG【ペガサスの置物 編】2−3

3D化したデータを別ソフト(ZBrush)に読み込みます。
普段はZBrush、3D-Coat、SubstancePainter2を使用しています。

データ補修、簡素化、リトポロジー、UVマップ作成を経て出来上がったものが

sc_2-3.jpg

これ↑です。
細部の作りこみは抑え目です。
もう少しゴツゴツさせても良かったです。
その後、ペイントしたものが

sc_2-4.jpg

sc_2-5.jpg

これ↑です。

posted by CGWorks at 10:28| Comment(0) | 日記