2017年05月03日

写真から3DCG【天使の置物??編】1−6

次は UVマップの作成 です。
この作業も必須となります。

3DCGモデルは、テクスチャーと呼ばれる画像を貼り付けることにより
色味などを表現させます。

画像は2Dですので、それを3次元情報として認識させます。
それがUVマップと呼ばれるものです。

sc_13.jpg

画像の右側です。
簡単にいうと「展開図」です(「アジの開き」とも呼ばれています)
今回はザックリとやっています。
本来は展開の継ぎ目(シーム)位置なども考慮して展開していきます。





posted by CGWorks at 07:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: