2017年05月06日

写真から3DCG【狸の置物 編】3−3

ZBrushにインポートして形状とテクスチャーを補修して
3Dデータとテクスチャーをエクスポートします。

sc_3-4.jpg


SubstancePainter2にデータをインポート。
各テクスチャーを焼付けます。
その後、細かい手直しをします。
sc_3-5.jpg


最終データ(レンダリング)
sc_3-6.jpg

以上です。

posted by CGWorks at 12:38| Comment(0) | 日記

写真から3DCG【狸の置物 編】3−2

いつものように写真を認識させます。
処理時間は3分ぐらいでした。
問題なく処理できています。

sc_3-2.jpg


次に3Dメッシュ化とテクスチャー生成です。
sc_3-3.jpg

ここまでの作業時間は20分ぐらいです。

posted by CGWorks at 12:32| Comment(0) | 日記

写真から3DCG【狸の置物 編】3−1

今回は色のついた置物ということで、狸です。

sc_3-1.jpg

これ↑です。

撮影した写真が中々認識されなくて苦労しました。
何度がトライしてみたところ、撮影環境が悪かったようです。

 ・撮影場所の明るさは平均であること。
  窓際からの日差しがあると、偏りが生じます。
  そこで、夜に照明をつけて、ストロボ撮影しました。

 ・色の深さはあった方がよい。ここが重要です。
  最初、白い台紙の上に対象物を置いて撮影しておりました。
  その方が画像にマスクを掛けやすいと思ったからです。
  どうやら、これが間違いでした。
  写真のように、テーブルクロスの上で撮影したところ
  一発で認識!やはり色の深さ(違い)があった方が良いようです。





posted by CGWorks at 12:28| Comment(0) | 日記